運が良くなる人になる方法

どうも、シンです。

運が良くなる方法ってどんなことを想像しますか?
パワースポットだとか、開運グッズだとかを真っ先に想像してしまう僕はなかなかに情弱ですね。笑

と、今回はそんな場所だとかもので運を高める方法ではなく真っ当でいてすごくシンプルな方法を美輪明宏さんから教わったので記事にしておきます。

運がいい人=信用がある人

運がいい人というのは、ほかの人から信用されている人だそうです。
人から信用されていると、仕事ではこの人になら任せられると重要なポストをいただいたく機会が増えます。
逆の場合で、信用がない人に重要な仕事を任せようとは思いませんもんね。

人からの信用が厚い人というのは、人から好かれる人です。
仕事でもプライベートでも、力になりたいと思ってくれている人が周りに集まります。
すると、何か困ったことがあっても協力者が現れる確率がどーんと上がって解決までのスピードがググーンと上がります。
結果、運がいい人になるわけです。

逆パターンで人からの信用がない人の場合、やはりあまり人から好かれてはいませんよね。
「私あの人大好きだけど、全く信用してないわ!」
なんてことはまずないと思います。
こういう人が困ったことに陥った場合、協力者が現れる確率はやはり低いので自力でどうにかしないといけません。
苦労して苦労して、やっと解決したと思ったらまた思わぬ不幸に巻き込まれたりして、運のない人になってしまいがちです。

運を良くするには、まず信用される人間になろう!

結論ですね。
信用される人間になれば、運は良くなる。なんてシンプルで明快な答えでしょうか。
と同時になんて難しいことなんでしょうか。
どうりで、運がいい人というのは周りを見渡しても一握りしかいないわけですね。

記事の最初に書いた、パワースポットに行けばいい。とか開運グッズを買えばいい。といった発言をした自分が恥ずかしく情けない限りですね。
自戒の意味を込めて、上の発言は消しませんが。笑

行くだけとかお金を払って買うだけでは、運は良くなりません。
それよりも、自分の周りの人が困っていたら力になれることを探したりして共に解決していったり、自分がやるべきことを投げやりにせずに全うしたりすることで信用が育まれて、結果運も良くなっていくんですね。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です