お金を残す考え方

どうも、シンです。

突然ですが、貯蓄は進んでいますか?
あまり増えてないなぁという方には、基本に立ち返って「お金を残す考え方」をお伝えできればと思いこの記事を書いています。

※今回話すことは、基本中の基本ですので貯蓄をある程度増やせている方には少々物足りない内容かもしれません。ご容赦を。

収入−支出=手元に残るお金

お金のやりくりをする上で欠かせない考え方です。
一見当たり前のようですし、これを見た大半の人がその通りだと瞬時に理解できると思います。
でも、自分のこととなると途端にできていない人が急増します。

なぜか・・・それは、常に残高を意識した生活をしていないからです。

分かりやすい数字で、Aさんの毎月の収入が20万円、固定費(支出)の合計が10万円だったとします。
この時点でのAさんの手元に残るお金は20万円−10万円=10万円となります。

Aさんはこの10万円で、次の給料日までの生活を行っていきますよね。
食費諸々の諸経費が8万円だったとしたらこの月の残額は10万円−8万円=2万円で手元には2万円の現金が残りました。となります。

反対に諸経費が12万円かかってしまった場合、この時の残額は10万円−12万円=−2万円となり、2万円の赤字になってしまいました。

あなたはどちらのパターンが多いですか?
もし後者のパターンになることが多いなら、残高を意識した生活が疎かになっている恐れがあります。

残高を把握する簡単な方法

よし!残高を把握してお金の管理をこれからしっかりやるぞ!と思っても、どうやって残高を把握すればいいのかわからない・・・という方は多いと思います。

そんな方にオススメなのが「家計簿」です。

うわぁでたー・・・めんどくさい・・・
って思いますよね。そう、めんどくさいんですよ。家計簿は。

レシートを撮影するだけ〜とか、項目分けしないで使った金額を書くだけ〜とかいろんなタイプの家計簿があるんですが、やっぱりめんどくさい。
そう思ってしまいますよね。

でも、家計簿ってお金の流れを把握するには必須なんですよ。
ですので、このめんどくささを極限まで省いて家計簿の機能をギリギリ残して使用する方法をお伝えしますね。

スマホアプリ×最小限の機能のみ使用

スマホのアプリで検索の時に「家計簿」って打てば、それはそれは結構な数のアプリが出てきます。
その中からなるべく簡単そうなものを適当に選んでインストールしてください。

あとは、変動費に使っても良い金額を予算に組み込んで、お金を使うたびに入力するだけです。
空き時間とか1日の終わりにでも、アプリで残高を確認すればこれでもう完璧です。

余談

この方法で家計管理をしていくと、うまくいく月といかない月が必ず出てくると思います。
そんな時には、予想外の大きな出費があったり、小さいけれど大量の出費が重なったりしているはず。

ここで、「あー今月赤字だぁ」と落ち込むのではなく改良のチャンスと捉えてください。
その原因である出費に対策ができれば、より黒字を出しやすい家計を作れるからです。
次に、これらの出費の僕なりの対策を書いておきます。

予想外の出費に対する策

この大きな出費は定期的にやってくるものなのか、それとも本当に突発的に発生したのかを分析します。
自動車を保有している方で例えると・・・
車検なんかは定期的にやってくる出費ですよね。2年ないし1年ごとに大きな出費です。
自動車の故障による修理代なんかは突発的なものです。

車検などの定期的な出費に関しては事前にある程度の予測が立つので、積立を自分で行ってその分を固定費に含めるのが管理しやすいです。
2年に1回10万円の出費だから10万円÷24ヶ月=4166円
よし、毎月4,200円を積み立てよう!みたいな感じです。

次に突発的な大きな出費の対策ですが、これも先の例と良く似ています。
年単位で家計簿をつけていると、だいたいどんな内容の突発的な出費があって高いものでいくらくらいだったというデータが取れてきます。
このデータをもとに、1年間で必要な突発的な出費に対して積立を行います。
考え方は上と同じなので式は省きますね。

こんな感じで、固定費に様々な内容の積立を用意することで予想外の出費にも慌てなくなります。

いつも赤字になってしまうとお悩みの方に参考になればと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です