気楽に生きていこう。

どうもこんにちは、シンです。

今回は人生の歩み方について最近よく感じていることを記事に残しておきたいなと思ったので、
書いていきたいと思います。

人生、楽しく生きていきたい。

最近仕事が多忙になったことで、家族や自分の時間というものを取ることができにくくなってしまっていました。

そんな中、いつも感じてしまっていたのが、

「こんなに働いて、僕は一体何を得たいのだろう?
何になりたいのだろう?」

ということでした。

 

結局今振り返ると、忙しさから逃れたい気持ちから出た現実逃避なんですが時間の余裕のある今熟考しても「これだ!!」という答えは出てきません。

ですが、たくさん働いていた時期も少し余裕のある現在も変わらず感じていることがあります。

それは「楽しく人生を生きていきたい」ということです。

そんなのみんな同じだよ!と思われるかもしれませんが、素直にそのことを実践できている人はあんまりいないなぁというのが率直な感想です。

みんな、人生を楽しく生きていきたいと感じながらも嫌々仕事だったり人間関係だったりを続けている。矛盾していますよね。

なんでだろうって疑問に思って結構考えたんです。そして僕なりにしっくりきた答えが浮かんだのでシェアしますね。

それは・・・

「足りる」を知らないから

日本という国は現時点では非常に裕福です。
これほどまでに国民一人一人が裕福な国はないんじゃないかと僕は感じます。

 

国民は小学校、中学校と義務教育を受けられて、ある程度の知識教養を身につけることができます。

職業選択の自由もあり、自分の意思で仕事を始めたり変えたりすることもできる。
食べ物も非常にたくさんあり、食べきれないから毎日ものすごい量の廃棄物が出ている。

ホームレスが太っているのはこの国だけだという話を昔ちらっと聞きました。
とにかくそのくらい食べ物も余っている。

病気などの理由から定職に就けない人を支援する職業訓練関係の施設もありますよね。
それでも、働けない人には生活保護制度もあります。

離婚して片親になった世帯には条件はありますが給付金も出ます。

医療費も国や健康組合が負担してくれるので多くても3割しか払わないですよね。

もう一度言いますが、現時点で、この国そして国民は非常に裕福です。

でも、裕福がゆえに「足りる」を知らない。
たくさん手に入れてきて、どんどん新しいものを受け取るのが当たり前になってしまっているから
新しいものが出たら手に入れようとしてしまう。

そして、メディアはそれが欲しくなるような魅力的な広告を出し続ける。

それが繰り返されていくと、やがては手に入れることが当たり前。
ないことは恥ずかしいことのように錯覚を感じさせてしまう。

これが不幸の原因といっても過言ではないと僕は思います。

不幸の原因

テレビや雑誌、ラジオ、インターネットでは情報に手軽にアクセスすることができます。

そして、自分の好きな情報を知ることができる。
・・・と、僕は思っていました。

でもね、興味のある情報にアクセスできるけど、その興味ってほとんどがテレビや雑誌、ラジオ、インターネットから仕入れたことなんですよ。

テレビを見てて、たっくさんの情報に触れてその中から自分が興味があるって選んでるだけで、
言い換えてしまうと「選ばされてる」んです。

そしてほとんどの人は「選ばされてる」事実には気づいていない。

ファッションなんかが最たる例だと思っています。
テレビで昔の映像なんかが流れると髪型や服装が古臭いと感じることがありますよね。
でも、当時はそれが流行っててその格好をしているのがおしゃれな人だったんです。

服屋に行けば似たような服でちょっと形が違うのが大量にあって、その中から気にいるものを選んでる。
視点を変えてみると完全に「選ばされてる」んです。

「足りている」事実をなんで自覚できないのか

それは、「足りていない」と思わせられているから。

新しい車を買って喜んでると、1年後には他社でかっこいい新車が出た。
2年後には自分の乗ってる車のモデルチェンジがでた。

病気のリスクに備えて医療保険に加入した。
これで安心だと思ったら、新しい医療保険が出た。
しかも内容は今入っているものより手厚そうだ・・・
思い切って乗り換えたが、翌年にはさらに良さそうな保険が出てきた。

一生に一度の買い物だとマイホームを購入した。
どうせならと、水回りの設備には投資した。
でも5年も経つと、今の最新設備に比べると見劣りするなぁ・・・

これらはすべて、自分以外からの情報によって「足りていない」と感じてしまうような出来事です。

例えば極端な話、マイホームを建ててそれから外部の情報を一切シャットアウトしてしまえば
5年、10年経っても水回りの設備は自分の中では最新設備なわけです。

でも、今の情報社会でそれはなかなか難しいことです。
だって歩きながらでも人と話しながらでもスマホ見てる人だらけなんですよ。

外の景色より、目の前にいる話し相手より、スマホに表示された情報を重視する人だらけな世の中なんです。

「足りる」を知るには

情報から離れてみるのが一番効果的だと感じます。

特にテレビとスマホに触れる時間を極力持たないのが重要かなと。

一時期の僕は情報中毒みたいになってて、不安なことがあると検索かけたりといった行動ばかりしていました。
でも、不安は解消されるどころか新しい不安要素を発見してくるんですよね。

不安なことがある時は、自分の周りをゆっくり見てみて自分がいかに満たされているかを知ることが大事なことだと僕は思っています。

 

無意識の領域ですら、周りと比べてしまうくらい情報にどっぷりと浸かっていますから、
体から情報を抜くのが、実体験的にかなりおすすめです。

 

まとめ

楽しく楽に人生を生きていこうと思ったら、まずは自分が何を望んでるのか自分で知るのが最重要ですよね。

でも、僕たちは普段から情報を浴びまくって生きてますから、どれが自分の意見かなんてわかりません。
ですので、情報にあえて触れないのはかなりおすすめです。

ちなみにですが、僕は情報に触れないようにしたことで気づけた好きなことがあります。
それは、空を見ることです。
以前は空を見るなんて時間の無駄と思ってたんですが、晴天だったり曇り空だったり、朝焼け、夕焼け、夜空、いろんな景色があってすごい最近は感動するようになりました。

情報に触れないことで何か面白い発見があったら、ぜひ教えてくださいね。

サクッと書いておこうと思ったのですが、思いの外長くなってしまって自分でもびっくりしています。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です