最も勉強効率が上がる魔法の時間とは

学校の受験に資格試験、仕事など僕たちと勉強は切っても切れない縁ですよね。

でも、勉強ばっかりは嫌だ!

だからこそ、限られた時間でなるべく効率良く学習したいですよね。

あるんです。

勉強するのに最も効率がいい魔法の時間帯が。

どうもこんにちは、シンです。

と、いうわけで今回は勉強の効率が最も良くなる時間についてお伝えしていきます。

それは「朝起きてすぐ」と「夜寝る前」です。

なんと2つもあるんです。

ですが、それぞれに得意とする勉強の内容が違うので紹介していきます。

「朝起きてすぐ」

朝起きた時は最も頭の中が澄んでいます。

ですので、複雑なことを考えたり新しいアイデアを出していくなどの作業をするのに向いています。

アップルの創業者である故ステーブジョブズ氏を含む多くの成功者の方が朝の時間を大切にされていることから、朝の時間の貴重さというのが伝わるのではないでしょうか。

「夜寝る前」

人間の脳は眠っている間に記憶の整理を始めます。

ですから、寝る直前に勉強した内容というのは脳にとっても印象が強く記憶に残りやすくなるんです。

しかし、寝る直前というのは体も脳も1日を頑張って乗り切った後なのでなにかを生み出すような作業は向きません。

反対に英単語だったり専門用語などの暗記する分野の勉強がとても向いています。

そしてこれは非常に肝心なことなのですが、勉強した後はしっかり寝てください。

よく一夜漬けという言葉を耳にしますが、1日だけで多くの知識を詰め込もうと思っても実はたいしたことはできません。

入れたものが片っ端から出て行くというイメージを持っておいてください。

それよりも、少しずつでも継続して勉強ししっかり睡眠をとる。

それを繰り返すことでどんどん記憶に定着します。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介した勉強効率が上がる魔法の時間帯を活用できていなかった!という方は、この時間帯を意識して勉強することで今までより学習効率を上げていくことができると思います。

ぜひ継続することとセットで試してみてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です