WindowsPCからMacBookに移行した時に僕が買った入門書を紹介する。

どうもこんにちは、シンです。今僕はMacBook2017を使っています。

僕がMacBookを使い出してまだ2ヶ月くらいですが、少しずつ慣れてきていて最近かなりいい感じになってきました。
MacBookかなり使いやすいのでおすすめですよ。

で、そんな僕がWindowsPCからMacBookに移行する時に1番不安だったのが操作方法の違いです。

実際に購入する前はひたすらビビりまくっていました。
その不安を解消するためにいろいろ本屋さんでMacBookの取説みたいなのを読み漁って、「これだ!」というものをAmazonで購入しました。

macOS High Sierraマスターブック (Mac Fan Books)

↑ちなみにこれです。

購入後の実際のところ

実はほとんど読んでません。汗

MacBookで作業していてわからなかったら、その都度「〇〇 やり方」みたいなキーワードで検索してますね。
ただ、購入した最初に一通り目を通して

「あー、なるほど。こんな感じなのか。」

とざっくりと理解するのにはかなり役立ちました。

最初にこれを読んで一通りの知識を入れたおかげで、わからないことがでてきた時になんて検索をかければいいのかを掴めたのは大きかったです。
ですので、Mac OSの完全な初心者の人は一度読んでおくのをおすすめします。

そして、入門書の今後ですが…

なにがわからないかわからない状態に陥った時には、多分また活躍するはずです。

…もしかしたらメルカリとかで売るかも。

まとめ

今はわからないことはネットで検索をかければ大抵は解決する時代です。
でも、それはなにがわからないのか、なにをしたいのかが明確になっている人にとっての話です。

その分野の知識が乏しければ、自分がなにを理解していないのかがわからないという状態になることはよくあります。

そんな時にやみくもに検索をかけて貴重な時間を浪費してしまうのは個人的にはもったいないことだと思ってしまいます。
入門書一冊読んでおいてざっくりとした知識をつけて、やるべきことに時間をたくさんかけるほうを僕は選びました。

2000円でこれから先の数時間を浮かすことができるなら僕にとってはありがたいからです。
読み終わってもう必要ないやと思ったらメルカリとかで売れば、コストもさらに低くなりますし。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です