楽天銀行でマネーブリッジする方法をまとめてみた

どうもこんにちは、シンです。
別記事で楽天銀行でマネーブリッジすると普通預金金利が0.1%になるよーというのをお知らせしました。

で、楽天銀行でマネーブリッジする方法についても記事を書いておいたら役に立つかもと思ったので書いておきます。

マネーブリッジには楽天証券の口座も必要

マネーブリッジという名前の通り、楽天銀行と楽天証券の口座に橋をかけてやる(繋げてやる)必要があるんです。

ですので、楽天銀行だけ口座を持っている人は楽天証券の口座開設を。
両方ともまだの人は両方の口座開設をする必要があります。

ここから口座開設の申し込みができます。

証券会社の口座なんて怖いからいらないと感じる方へ

以前の僕は証券会社=お金なくなりそうで怖いという謎のイメージを持ってました。
もしかしたら、僕と同じようなイメージを持っている方もいるかもしれないので、証券会社の口座を作るのになにも怖いことはないよというのを書いておこうと思います。

まず証券会社ってなんだよ?って思いますよね。
証券会社の仕事で1番イメージしやすいのにブローカー業務です。
これは株式やFX、投資信託や国債などの有価証券を買いたい個人(僕たち)と証券取引所との取り次ぎを行なうお仕事のことです。

この時に発生する手数料で証券会社は儲けてます。

なので、僕たち口座開設者が自分の意思で「この株式いくらで買いたいです。」と申請しない限りは、証券会社の口座にいくら現金を預けておいても絶対に減ることはないです。

今回だと、マネーブリッジの為に楽天証券の口座を作ったけど、楽天証券でまったくお金を使わなくてもなんの問題もありません。

投資をしたい人や現在やってる人が銀行から証券会社にわざわざお金を振り込まなくてもすぐに使えるようになるというのがマネーブリッジというサービスです。利用者にとっては超便利ですよね。

ちなみに楽天さんサイドからしたら、普通預金金利アップを目当てに楽天証券の口座を新規開設してもらうことで、今まで投資に縁のなかった人たちにも楽天証券も使ってもらおうという狙いがあるので、これを機に楽天証券を利用したら楽天さんは喜びます。

余談

余談ですが、銀行にお金を預けておくだけでは増やすことは難しいです。
超低金利時代なので。

楽天証券に口座開設したついでに余剰資金を使って投資信託の定期購入もすませておくと、長期的に見ると比較的安定して資産運用ができます。
※絶対に増えるというわけではないので、絶対元本保証がいいんだ!という方にはおすすめできません。

僕らの世代は年金も全くあてにできないので、資産を増やす手段や考え方についての勉強は必須です。

当ブログでもその辺りの考え方や手段を公開していきますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です