時間がない時のとっておきの対処法

どうもこんにちは、シンです。

社会人になると学生の時に比べてすごく時間がないという感覚がありますよね。
結婚して子どもがいれば、さらに自分の時間というものはとりづらくなっていきます。

そんな時に、とっておきの対処法があるのでご紹介します。

5分の捉え方を変える

さて、朝起きて会社に行くまでに後5分あります。
なにをしますか?

いつも忙しいあなたは
「ちょっと休憩」
と、のんびりするかもしれません。

でも、これだと時間はないままです。

「5分あるから、あれをしよう」

この考え方を推奨します。

実際に5分あるとなにができるでしょうか?

・本やPDFファイルを2、3ページ読む。
・筋トレをする。
・家族とコミュニケーションをとる。
・今日やることをまとめる。
・ブログの記事を途中まで書く。
・気になる情報を調べる。
いろいろな選択肢がありますね。

この中の1つでもしておくと、1日の中でできなかったことが1つ減ります。
でも、僕たちはどうしても5分という時間ではなにもできないと判断してしまいがちです。
5分だと全て終わらないとか思ってしまうので。

でも、やりきる必要はないわけです。
途中までやっておけばまた後でとりかかることができますから。
そして、たいていは5分でも集中してやれば意外と進むものです。

細かいタスク毎であれば5分で完了できるものもじゅうぶんあります。

実際僕がこの記事を書いているのは、朝会社についてからの数分間と、お昼休みの数分間です。
この時間内に片付けてしまおうという気持ちでやっているので、この数分間は記事を書くことだけに集中でき作業がよく進みます。

逆に数時間単位で作業に取り掛かる時には、よほど意識しておかないと今書いている記事とは全く関係ないことが気になったり、それを調べてしまったりしてしまいます。

5分をうまく使える人は1日もうまく使える

さっき書きましたが、数時間単位のまとまった時間がある時には意識が逸れやすくなります。
5分単位でするべきことに集中できるようになれば、1時間を5分が12回あると捉えられるようになります。

すると必然的に1時間あるから12個なにかできる。と計画を立てやすくなり長時間になっても時間の無駄がなくなります。
そう書いている僕自身はまだまだその域ではありませんが…今後到達すべき目標ですね。

まとめ

まとまった時間がとれなくなった時に、初めて人は時間の重要性を知ることができます。

しかし、人の意識はないものにフォーカスするもので長期連休などになれば

忙しい時に感じた時間の重要性を忘れてしまいがちです。

普段から5分単位で物事を捉えられるように意識していき、毎日を有意義に過ごしていきたいものですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です