知識が身に付かないと感じる時にするたった1つの対処法

どうもこんにちは、シンです。

何度も同じミスを繰り返してしまう…いくらやっても覚えられない…
と自信をなくしてしまうことはありませんか?
そんな時って大抵はその方法が間違ってるだけだったりするんです。

なので今回は、知識を身につけるためにやるべきたった1つの方法を書いていきます。
先に答えを言ってしまいますが、それは

「アウトプット」

することです。

アウトプットすることで知識は定着する。

インプットとアウトプットという言葉は聞いたことがありますか?

インプットは、情報を取り入れること。
本を読んだり、人の話を聞いたり、テレビ番組を見たりすることがこれに当てはまります。

アウトプットは、情報を発信すること。
前日に見たテレビ番組の話題などを友達と話すことなどもアウトプットになります。

普通、新しく何かを学びたいと思ったらインプットを重視すると思います。
以前の僕もそうでした。

ですが残念ながらインプットだけでは知識は身につかないようになっているんです。
テレビをよく見る人はわかるかもですが、先週見たテレビ番組の内容を詳しめに3つ教えてと
言われると結構きついと思います。

これはテレビ番組を見るというインプットはしているけど、
そのことについて誰かに話すというアウトプットをしていないからなんです。

逆に、見たテレビ番組について誰かといっぱい話をしていた場合は、時間が経っても
「あの番組こんなところが面白かったよねー」
と案外覚えていることが多いんです。

このことからもアウトプットが知識を身につけるのに必要だということがわかると思います。

まとめ

知識を身に付けたいと思ったらアウトプットが最優先です。

なかなか覚えられないと悩んでいる人の多くはインプットに偏りすぎなので、思い切って
アウトプットだけをするくらいの気持ちで取り組んでみるのがいいかもしれません。

アウトプットを繰り返していると、

「あれ?これどうやってやるんだ?わからない…」

と疑問が出てきます。
その時に初めて人に聞くや自分で調べるといったインプットをするのが効果的です。

知識というのは何度も何度も反復していくことでどんどん強く記憶に残ります。
アウトプットを意識的に繰り返して、がっつり知識を身に付けていきましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です