自信をつけるための手っ取り早い方法

どうもこんにちはシンです。

自分に自信を持ちたいのに、不安しかないということはありませんか?
実は自信というのは案外簡単に持つことができるんですよ。

今回は自信が持てない人がどうやったら自信をつけることができるのかについて書いていきます。

 

自信をつけるためにはまず知識を持つことだ!

例えば新しいことにチャレンジした時ってすごく不安になったりしますよね。
あれって単純にその分野の知識が全くないことが原因なんです。

だから教科書や参考書、取扱説明書を読んだりして事前にその分野の知識が少しでもあると不安感も違ってきます。

各分野の専門家と呼ばれる人たちってみんなその分野について話す時自信満々ですよね。
あれは彼らがその分野の知識のオバケだからです。

そして経験を積んでいこう!

知識を学ぶだけではまだまだ不完全です。

学んだ知識というのは行動することによってより深く体に定着します。
学んだ後は即行動!

例えばスポーツでも、参考書を読んだだけではうまくはなりません。
参考書を読んで、実際に練習。そして、悪いところをまた改善。
この繰り返しでどんどん上達していきます。

実はスポーツだけでなくてあらゆる分野においても、これは一緒なんです。

だから、何回も何回も繰り返してより深く定着させることがかなり重要です。

 

知識×経験=自信

自信は知識と経験をかけたものです。
足し算じゃないのがポイントです。

ですから、学び始め、やり始めの時は自信は小さいです。
逆にどんどんやることで、自信もすごい勢いで上昇していきます。

まとめ

自信を持つというのは何かを成し遂げる上でかなり重要なことです。

ですが、根拠のない自信では意味がありませんよね。

知識×経験=自信

の方程式を覚えておいて、ぜひ本当の意味での自信を獲得していきましょう!

最初の方こそ挫けてしまいがちですが、最初が一番しんどいものなので諦めずに継続していくのが大事です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です