タイガーウッズから学ぶ目標達成の秘訣

どうもこんにちは、シンです。

突然ですが、タイガーウッズという人物をご存じですか?

ゴルフに興味がある方なら、必ずといっていいほど耳にしたことのある超有名人ですよね。
僕はゴルフ全くしたことがないのですが、名前だけは知ってます。

ちなみにこんな人

Wikipediaより引用させていただきました。

プロゴルファーのタイガーウッズさんですが、ゴルフのプレー中の考え方がものすごいんです。

 

相手のパットも入れ!と願う。

普通試合をしていると、対戦相手が好成績を出しそうになると「ミスしてくれ」とか思ってしまいますよね。
トーナメントの決勝戦で相手が外せば自分が優勝、相手が入れると相手の優勝といった緊迫した場面なら尚更その気持ちは強くなりそうなものです。

ですが、タイガーウッズ さんはまさにその場面で相手のパットに「入れ!」と願っていたそうなんです。

普通なら「外せ!」と願ってしまう場面で、なぜタイガーウッズさんは「入れ!」と願ったのでしょう。

「入るな!」と願って入ってしまったらタイガーウッズ さんがショックを受けて次のプレーに影響が出るから。などの諸説がありますが、個人的には別の解釈をしています。

パットが「入る」イメージのみにフォーカスしている

相手の番に「外せ!」とイメージしているとします。
すると、相手のパットでボールがカップをそれていくイメージが頭の中に浮かびますよね。

その後に自分の番になった時、あなたは自分の打ったボールが100%カップに入るイメージを浮かべることができますか?
おそらく無理だと思います。だって、寸前までボールがカップを外れていくのを強くイメージしてしまっていましたから。

イメージの力というのは馬鹿にできなくて、人を幸せにも不幸にも導く力を持っています。
プロのスポーツ選手がこのイメージ力を自分のパフォーマンス向上に繋げるように活用しているというのはよく耳にする話ですね。
この辺の話はまた後日まとめた記事を書かせていただきますね。

で、パットが入るイメージのみにフォーカスしているとします。
自分も相手も「入れ!」と打ったボールがカップに入るイメージだけを浮かべていると、脳は今までの経験でボールが入った時のイメージを出してきます。

すると、ボールがカップに入るベストな体の使い方を再現することが可能になるんです。

逆に「外せ!」とイメージを持ってしまうと、自分が打ったボールも「外れていく」イメージが浮かんでしまい、実際に今までで外してしまった時のことを脳は引っ張り出してきてしまうんです。
そして、その時の感情や力の加減などがそのまま今のプレーに影響を与えて外す確率が非常に高くなってしまいます。

このことから僕はタイガーウッズ さんが「入れ!」と願うのは、「外れる」というイメージを一瞬でも持たないようにするためなのではないかなと思っています。

で、前置きが長くなりましたがここからが本題。

目標達成の秘訣とは

タイガーウッズさんの例から分かるように、僕たち人間はイメージしたことを引き寄せる力があります。

他の簡単な例ですと
「明日の会議でお腹痛くなったらどうしよう」と心配ばかりしていると本当にお腹の調子が悪くなります。
そして「心配事」というように僕たちの思考は割とネガティブな方に偏りがちです。

イメージしたことを引き寄せるんだったらネガティブな方はまずいですよね。
会議でもお腹が痛くなるイメージより、みんなに絶賛されてるイメージの方がいいわけです。

このことを念頭に置いて達成したい目標ができた時には、その目標が達成された時の自分はどんな感情でどんなイメージを持っているのか。
どんな風に取り組んできたのかをイメージして、それに沿う行動をとるのが近道です。

間違っても、目標を設定した時に「どうせ無理だ」とか「失敗している自分の姿」とかをイメージしないことです。
これは楽観的になれ!と言ってるのではありません。
達成したい目標を叶える自分を作るための努力を積み重ねる上で前向きな思考が大事というのが伝えたいところです。

先の会議の例ですと、「みんなに絶賛されてるイメージ」を浮かべた時に「どうやったらあの課長は絶賛してくれるだろう?」とそれを叶える為の行動を前向きに捉えて実践するということになります。

「あの課長は意地悪だから、絶対褒めやしないよ」とか考えてしまうのと
「課長はどんなことに重きを置いているのか知る必要があるな。よし本人に聞いてみよう!」と考えるのでは雲泥の差です。

最初は慣れないので抵抗を感じるかもしれません。
ですが、物事は「最初が一番難しい。」ものです。

少しずつ行動に移し諦めないことで、確実に現実は変わって行きます。

 

まとめ

タイガーウッズさんのゴルフのプレー中の姿勢から目標達成の秘訣を学べました。

どの分野でも成功している人というのは、相手を貶めたりせず相手のことを称賛しています。
もしかしたら無意識的にそれがお互いにとって最も良いというのを理解しているのかもです。

現代はテレビや雑誌で成功者の方の考えに触れる機会がたくさんあるので、どんどん学び吸収していきたいものですよね。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です