モチベーション=やる気ではない!!

どうもこんにちは、シンです。

今回はモチベーションについて書いていきます。
最初にですが、モチベーション=やる気だと思っていませんか?

僕は思ってました。
やる気がでない時に「モチベーション上がらないわあ」と言っていました。

しかし、実はモチベーションはやる気ではないんです。

モチベーション=動機です。

動機は「出来事が起こるはずみ」という意味があります。

「給料をくれる」から会社に来る。

このような場合の会社に行くモチベーションは「給料をくれる。」ことです。
一般的なサラリーマンだと給料を貰わないと生活が成り立たなくなります。
ですので、なかなかに強力なモチベーションですよね。

ところが、給料以外に収入があってしかもそっちのほうが金額が高い場合はどうでしょうか。
会社に行くモチベーションが「給料をくれる。」だけだと、いまいち行動しようという気が起きませんよね。
だって会社に行かなくてもお金はあるわけですから。

こんな感じで何かをするためのモチベーションが、その人の強烈に求めているものだと人は行動します。

ですが、しっかりとしたモチベーションがないとすぐに挫折してしまいがちです。
僕の副業がまさにそれでした。
少し、紹介させていただきますね。

アフィリエイトを始めたけど全く続かなかった2015年

僕は2015年にサイトアフィリエイトをやってみよう!と決心して情報商材を買いました。
その教材で稼げていないので、名前は伏せさせてもらいます。

ちょうど長男が誕生してすぐのことだったんですが、仕事と家庭の時間の合間を縫って作業していました。
まともに作業していれば3ヶ月もあればほどほどの成果が発生し始めるとのことでしたが、僕は何かにつけて作業をしませんでした。
通勤の合間に教材の音声を聞いたり、仕事の休憩時間に教材のpdfを読んだりはしていましたが、作業自体は全くでした。

そんな感じで結局教材を読むこともやめていったのですが、今振り返るとこの時の僕のモチベーションは
「会社のみんなと違うことをやってる自分になりたい」
でした。

会社自体副業が禁止なので、会社の中で副業していると言ってる人はいませんでした。(当たり前ですね。)

その中で僕はインターネットビジネスに足を突っ込んだという「他の人と違うぜ」というものすごくしょうもない自己満足を満たしていました。

だから、作業できなかったんです。

適切なモチベーションを設定する。

以前の僕のような過ちをしてしまうと、時間だけを無駄に浪費してしまいます。

そうならないためには、何かに取り組む時に同時に適切なモチベーションを設定する必要があります。
方法は意外と簡単で、「なぜそれをするのか。」「それをしてどうなりたいのか。」を明確にするだけです。

「なぜそれをするのか。」を明確にすると自分が叶えたい願望が見えてきます。
昔の僕の場合なら「会社のみんなと違うことをやってる自分になりたい。」からアフィリエイトをする。のように。

「それをしてどうなりたいのか。」を明確にすると自分の叶えたい感情が見えてきます。
僕の場合は「優越感に浸りたい。」でしたね。しょうもないですね。あぁ恥ずかしい。

ここで、モチベーションの設定を誤ると最初に期待していた成果は残念ながら出ません。
僕の場合は、会社の給料以上をアフィリエイトで稼ぎたいとおぼろげながら思っていました。
しかし、実際に稼げたのは最高月500円くらいでした。

これは、僕の心の奥底で思っていたモチベーションがその時点ですでに達成されてしまっていたからです。

 

まとめ

モチベーションの力は思っている以上に強力なものです。
しかも、ちゃんと意識して設定しないと以前の僕のようにすごく些細なことで満たされてしまい行動できなくなってしまいます。

人は、表面的な意識と深層心理では感情や求めているものが違うことがほとんどなので、何か大きなことに取り組もうと思っている時には特に時間をかけてモチベーションを設定していくのが重要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です